DKのNAATI翻訳が選ばれる3つの理由

オーストラリアのビザ申請書類は翻訳が必要です!!

オーストラリアのビザを申請をする際、戸籍謄本や出生証明・結婚証明などの日本語書類は全て英語に翻訳する必要があります。

【例】
・ 18歳未満で各種ビザ申請する方
・ 在日外国人(中国の方など)で学生ビザ/観光ビザを申請する方
・ 永住ビザの申請
・ 結婚及びディファクトビザ申請 ...など。

翻訳を誰に依頼すれば良いのでしょうか?

在日オーストラリア大使館ビザ査証課のHPには以下の記載があります。

『英語以外の言語で書かれた書類は、NAATI認定翻訳者またはプロの翻訳会社による英文翻訳を、元の言語で書かれた書類と一緒に提出してください。
翻訳文書は、翻訳会社が会社の連絡先を明記したレターヘッドを使用するか、「NAATI翻訳者の氏名がわかるNAATI公印が捺印されたもの」のみ有効です。』

DKではこの条件を満たす「NAATI翻訳者の氏名がわかるNAATI公印が捺印された」翻訳を作成しております。ビザ申請書類などの翻訳として安心してご使用ください。

NAATI有資格者による証明付き翻訳、さらに3部発行で安心!

日本には翻訳の公的資格がありません。しかし、オーストラリアでは国家認定の翻訳資格NAATI (ナティ/ナッティー)があります。
そのため、オーストラリア国内では「NAATI」による翻訳しか受理されない場合がほとんどです。

結論として、ビザ申請などを有利に進めるためには「NAATI」による翻訳をオススメします。
当然のことながら、ビザの審査はオーストラリア人によって行われます。
「NAATI」の作成した翻訳であれば問題が生じる可能性はまず無いでしょう。

DKへ翻訳をご依頼頂いた場合、以下のようなNAATI有資格者の署名とスタンプ(Wet stamp/seal)が入り、正式なNAATI翻訳書類としてビザ申請にご使用いただけます。NAATI証明

また、DKでは翻訳した書類を3部発行しております(再発行は除く)。もちろん3部ともNAATIの証明付きです。 オーストラリアに行ってから再度書類を提出することになった!という時も、予備を持っていれば安心です。

東京にオフィスがあります。日本全国からご依頼OK!

DK留学サービスは、東京都足立区にある「東京電機大学」キャンパス内にオフィスがあります。公的機関による指導で、健全な運営を行っております。安心してご依頼下さい。

〒120-0026 東京都足立区千住旭町38-1 東京電機大学アネックス0409号室
電話: 03-6755-7693
DK東京オフィス

ビザ申請でお急ぎの方へ スキャンデータ納品も可能

納期は翻訳料金のお振込を確認後、2週間前後でご指定の住所に郵送します。しかしビザ申請でお急ぎの場合には、翻訳が完成次第スキャンをメール添付でお送りしております。お気軽にお申し付けください。

データ納品

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

DKではお預かりした個人情報は厳重に管理しております。 また翻訳完了後は、お預かりした書類を削除しております。安心してご利用ください。 詳しくはプライバシーポリシー(個人情報保護方針)ページをご参照ください。

お知らせ

  • 2016年 夏期休業のお知らせ
    8月14日(日)から8月18日(木)まで夏期休業をいただきます。その間に頂いたメールは19日(金)以降にご返信いたします。今年の夏は暑いですが、皆さま体調など崩されませぬようご自愛ください。
  • 2016年 ゴールデンウィーク休業のお知らせ
    5月1日から5日までお休みを頂きます。その間のメール等お問い合わせは6日以降のご返信になります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。なお4月30日までにご依頼頂いた翻訳に関しましては、納期はプラス1週間で「3週間」になりますのであらかじめご了承ください。
  • 2015年 年末年始休業のお知らせ
    12月27日(日)から2016年1月4日(月)まで年末年始休業をいただきます。ご迷惑をおかけし大変恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。
  • 2015年 シルバーウィーク休業のお知らせ
    9月20日から9月23日までお休みをいただきます。その間に頂いたメールは24日以降にご返信いたします。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
  • 2013年5月16日
    戸籍謄本の翻訳を全て完全翻訳(Complete and accurate translation)にしました。
  • 2011年7月16日
    営業を再開しました!体調も万全となり、皆さまからのご依頼お待ちしております。
  • 2011年7月6日
    担当の体調不良により現在ご依頼頂けない状況になっております。大変申し訳ありませんが、再開までしばらくお待ち下さい。
  • 2009/12/03
    当ホームページをオープンしました。

このページの先頭へ